東急  打ち水プロジェクトを行いました という ポスターです。

ああ これこそ 駅員ポスター

この 駅員が主役である(子供たち あなたたちは 脇役である)という 強烈な構図・・・

東急における駅員は 笑顔まぶしく さわやかで きらめく もの

子供の絵日記に刻み込まれる

ある晴れた夏に 水を打つ駅員

打たれた水のよう 光にきらめき 太陽に負けない 空を舞う 薄い色した水の駅員・・・

 カメラマンさん俺を撮れ

  カメラマンさん俺たちを撮れ

   俺の発射する水を撮れ  

    俺の発射する水、浴びろ

     俺の発射する水、とばせ・・・

このポスターは

絵日記の1ページであるでしょう

いたいけな 小学生が

駅員愛好家に

めざめた

おはようございます。

ここ数日はいろいろ疲れてしまい、夜はグウグウ寝てしまい更新できませんでした。

東京は秋晴れで涼しくなってきましたね。

高校時代の友達数名が事務所に遊びにきてくれました。

子供が小学校にあがると、あまり手がかからなくなって、もはやちょっとさびしいなあ・・・と言っていました・・・・わたしからみると十分手がかかってるんだけど、えらいなあ・・・・。

子供は母親の命みたいなものなのですね。

定年を中心に人生設計をかんがえているという友人もいました。自由業なわたしは定年なんて考えたこともないですが、みんな定年をひとつの柱として、がんばっているのでしょうか。ふしぎな気分です。

そうだ、60歳になったら、紺色のリクルートスーツ着て、会社をまわろう~。